友達はもちろん身寄りなどの家族も呼ばなかった二人だけのウェディング

結婚式は無理強い海外で!というのが私の希望でした。今では異国ウエディングを吊り上げる方も多くなりましたが、人間アベックの時はまだ速く、周りの仲間人間は驚く代物でした。
カテゴリーに参加出来なくて悲しむ仲間人間もいましたが、額面の都合で結婚式と新婚旅立ちを一緒に済ませてしまいました。
カテゴリーはチャペルで、パイプオルガンの本物の声で挙げたいという要請を叶えてもらい、本当に素敵な日記になっています。
服装はレンタルにするか迷いましたが、フィールドに行って年中苦しむのも期間が惜しいので、日本で選び、スーツケースに詰めて持っていきました。
カテゴリーは感服の連続で涙が立ち寄りませんでした。憧れのパイプオルガンに芸能人の方の讃美歌、チャペルのステンドグラスが鮮やかに日記を作ってくれました。
現地のブローカーの方は和風人間で、本当にきめ細やかな用心を頂き、謝辞で封書を書いたほどだ。
20年程度経った今でも時々、夫婦でカテゴリーのムービーを見ることがあります。当時の事が鮮明にを思い出せ、アベックの間柄が改めて激しくなると感じます。
仲間言えば、額面の関係で二人間だけで挙げた結婚式でしたが、今では亡くなってしまった夫人に、現地の基盤を味覚合わせてあげられなかった事を後悔してある。
二人間だけではありましたが、今でもアベックの間柄を強くして受け取る自慢のカテゴリーでした。トーマジックで痩せる事が出来ました

まさかの内部動物園で小鳥まみれになったときの事象

 何時の間にやら、関東最大級の院内アニマル園がご近所にオープンしてました。
 ヒヨコやウサギ、モルモットなんかの鉄板小アニマルだけじゃなく、フクロウ、ヘビ、アルパカまで触れちゃう上に、保存犬、保存猫の納品もやる犬喫茶店・猫喫茶店まで併設されているそうです。
 これはもう、出向くしかないじゃないですか。
 犬猫喫茶店も気になったけれど、初回はひとまず、ふれあいコーナーへ。
 玄関周囲に、ちっちゃなお猿さんがいて、果てしなくちっちゃな紙おむつしてました。本当に「アニマル園」だ。
 鉄板だけど、ふわふわのヒヨコは体温が高くてあったかくて、高い声でピヨピヨ鳴くのが可良い。
 パンダマウスという初めて確かめる小さめのネズミは、ハムスターを飼っていたわたくしにはたまりません。江戸時代に日本でペットとして飼われてたらしいですが、どうしてその習慣途絶えちゃったの!!とご先祖様に意欲でクレイム押し付けながら戦略に乗せて、あまりの可愛らしさにしばらくその場に釘付けになっていました。(まだ玄関周囲なのに)
 白い鳩を戦略や肩に乗せて魔法使いごっこしたり、壁際にフクロウのオブジェが並ん現れるなと思って素通りしようとしたらトータル本物のフクロウだったり、ビッグアニマルのコーナーでアルパカに感動している油断に背後からヤギに裾をもぐもぐ食べられたりしながら店内深層へ進みます。
 頂点深層には、小鳥の小ルームがありました。ルームいっぱいにインコ、文鳥などの小鳥が飛び交い、戦略に囮を乗せてむかえると、戦略に止まって囮を食べていただけるんです。中には、頭に立ち寄りにいらっしゃる小鳥もいました。
 かわいすぎました。無理強いこの日のトップはパンダマウスだろうと思ってたのに、さらに前文がいました。戦略から囮を食べてもらえる小鳥さんたちに囲まれるキャリア、最高でした。セルノートの@コスメ評価が高くでびっくりしました。

残業続きや連日の打ち上げなどで営業に疲れている時折。

本業で疲れているままやってきたオフは大抵は寝て話します。そのくらい本業が慌しいので、貴重な休みは安眠を食べる事を優先してしまう。夏場は暑くてゆっくり寝てなどいられませんがそれでも自然に目が覚めるまで寝てしまう。それからダラダラと起きてボーっとした後にゆっくりご飯を食べてやはりダラダラと話すのが普段のオフの越し方だ。勿論、買い取りや洗濯にクリーニングもしますが洗濯はともかく、クリーニングは日が落ちて涼しくなってからですね。その方が行き来がよくなりますし、昼間は大抵寝起きですので本当にダラダラとトドのように過ごしています。でも本業で考えを張ってある人間はそう言う人間が多いかなと勝手に思っています。勿論、積極的に運動したり遊びに行く人間もいると思いますが、どうしてもやらないといけない事がない限りはダラダラしてしまいます。それでも心中がハッキリしてきたら踏み出すのですが、そういった時はまず本屋に出向くのが常です。お洒落に興味のないボクは自分の想いを最優先するので、そうなるとやはり読物だ。勿論ベッドに寝転がって読んだりと誰も見ていないのをいい事にとことんだらけますが。なのでオフは食べ物もなっていなしですし、下手をしたら廃人間のように思えなくもありません。でも休みの日くらい自由自在しないと健康も心情も休まらないので良しとしています。その内、しっかりしないといけないシチュエーションがきたらするようになるので今はこれでいいかなと思って好きにだらけているのがオフの越し方だ。Lementの炭酸シャンプーが気になっています。