友達はもちろん身寄りなどの家族も呼ばなかった二人だけのウェディング

結婚式は無理強い海外で!というのが私の希望でした。今では異国ウエディングを吊り上げる方も多くなりましたが、人間アベックの時はまだ速く、周りの仲間人間は驚く代物でした。
カテゴリーに参加出来なくて悲しむ仲間人間もいましたが、額面の都合で結婚式と新婚旅立ちを一緒に済ませてしまいました。
カテゴリーはチャペルで、パイプオルガンの本物の声で挙げたいという要請を叶えてもらい、本当に素敵な日記になっています。
服装はレンタルにするか迷いましたが、フィールドに行って年中苦しむのも期間が惜しいので、日本で選び、スーツケースに詰めて持っていきました。
カテゴリーは感服の連続で涙が立ち寄りませんでした。憧れのパイプオルガンに芸能人の方の讃美歌、チャペルのステンドグラスが鮮やかに日記を作ってくれました。
現地のブローカーの方は和風人間で、本当にきめ細やかな用心を頂き、謝辞で封書を書いたほどだ。
20年程度経った今でも時々、夫婦でカテゴリーのムービーを見ることがあります。当時の事が鮮明にを思い出せ、アベックの間柄が改めて激しくなると感じます。
仲間言えば、額面の関係で二人間だけで挙げた結婚式でしたが、今では亡くなってしまった夫人に、現地の基盤を味覚合わせてあげられなかった事を後悔してある。
二人間だけではありましたが、今でもアベックの間柄を強くして受け取る自慢のカテゴリーでした。トーマジックで痩せる事が出来ました